×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

>大宮の一般公開に行ってきました

大宮総合車両センターの一般公開に初めていってきました。だいぶマニアックなところでしたが、その様子をお伝えしたいと思います。
だいぶきつくなるとは思いますが・・・

[特集へ]


05’5’28(


ヒト多すぎ!
という訳でいきなり大宮総合車両センターです。写真はJR貨物のところですね。

しかし、朝起きたのが9時ごろで(一般公開開始は9時半)、大宮に着いたのが10時ごろでした。だから来たときからヒトが多くて大変で疲れてしまいました。

基本的に家族連れが多く、子供たちが楽しそうにしていました。そこで気づいたのは、親も鉄道が好きそうだという家族が多かったこと。親子で楽しんでるというわけですね。

ただねぇ・・・コテコテの鉄道ファンもかなり多かったですね。おぞましや・・・
こいつらのせいで来てからすぐ疲れてしまいましたよ・・・

 


こういう車両はここでしか見られませんね
でも、こういった普段は入れないところを見物できるというのはやっぱりいいですね♪

でも濃い鉄道ファンが多いのはやっぱり嫌ですねぇ。疲れはたまる一方・・・。

でも、鉄道の珍しい光景が展示されてるところはどこもヒトダカリが出来ていて、こういうものを撮影するのもねぇ・・・

 


こんなところにいたのか
115系を発見!おそらく宇都宮線で使用していたものらしく、前面幕には「通勤快速」をはじめ、「横須賀線直通」や「宇都宮線直通」の幕が出てました。
どうやら一般客が勝手にいじれるようになってるようでした。

で、中にも入れるようになってまして、中では一般客がメシを食ってました。そういえばそろそろ昼飯どきですね。

 



後ろ

外にはこんなのもありました。編成で置いてあり、車内を見物できるようになってました。わざわざ川越からやってきたのでしょうかね。

さすがに中に入るのは初めてでした。中の写真はヒトが多すぎて撮れませんでしたが、複数の種類の座席があり、なかなかレアな体験が出来たと思います。

 


クモハ40074


SNにも対応する横コツ車

「おっと、こんな車両もあったよ」なんていわせるつもりだったのでしょうが、2〜3日前からこの場所においてあったことはちゃんと分かってましたよ。

それより私が驚いたのは下の写真。国府津の車だったんだ。ってことより、そもそも籍があったんだ。
しかもちゃんとP型に対応してるし。でも実際に走ることはあるのかな?(回送のときに必要か)

この車両を国府津に戻すときにまた騒がれそうですね。

中を見せてくれればさらに良かったけど。

 


撮ってる方も結構いました。
そうそう、山手線からの転用205系もここで改造されるんですよね。という訳で山手線時代にもっとも近い先頭車2両が展示してありました。周りがごちゃごちゃしてるところが工場らしいですね。

 

私は機関車はよくわかんないんですけどね、人気そうだったからとりあえずノリで撮影。

この車両も上の旧型国電同様、2〜3日前からここに置いてありました。宇都宮線下り列車からみえました。

 

他にも115系の試乗会がありましたが、こういう試乗列車の類は好きではないのでやめました。並ぶのにすごく時間がかかりそうでしたし。

そして、会場のいたるところで鉄道部品や鉄道に関連したグッズが売られていました。どれもこれも値段が高くて買えませんでしたが、400円の禁煙ステッカーを買っちゃいました。

会場内は数十分ですべて回り終えたのですが、来てすぐに帰るのはなんかなぁ・・・という心理が働き、しばらくうろうろしてたのですが、さすがに疲れがたまり、13時ごろに会場を去ることにしました。

結構いろんなものがあって楽しかったのですが、マニアが多くて疲れてしまいましたね。とか言いながらも、帰りの足で京浜東北線で駅撮りとかしました(あれ?

思ったのですが、浦和電車区でも一般公開やってくれないかなぁ〜(笑


特集へ

"旅始駅〜鉄道旅行のターミナル〜"was written by 209-0