×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

883系

"883 system"belong to Kyushu Railway Company

DATA


中津駅にて
まるでロボットのような車両に心を打たれる人も多いかと。

所有会社 JR九州
デビュー 1995年
走行路線
(臨時は除く)
鹿児島・日豊本線
最高速度 130km/h
制御 VVVFインバータ制御
シート 回転クロスシート
一部コンパートメント席
車種 特急型交流電車
ドア 片開き1ドア
私の好感度 ★★★★☆


中津駅にて
編成ごとにどこかしら違うところがあるのが特徴。

コメント

883系は、博多大分間をはしる特急電車です。

JR九州の特徴である、派手な列車になっています。そして、遊び心もあります。たとえば内装のヘッドレストや、車両の前面が編成ごとに違うという特徴も。みていて楽しい列車です。

これらは水戸岡氏という方がデザインされてるようで、この方は787系もデザインされてるようです。また、九州新幹線の800系も手がけているようです。

見た目だけではなく、速度もむちゃくちゃ速いです。曲線が多い日豊本線において、交流電車で初めて制御式振り子システムを導入。さらに最高速130キロの性能もあり、かなりのスピードアップが実現しています。

SONIC883

ソニックは、もともとは「ソニックにちりん」という名前でした。しかしいつの間にか「にちりん」が取れて「ソニック」だけになってしまいました。まぁ日本語としての語呂はいいんでしょうが、直訳すると「音速の」という列車名。意味が通じないじゃん・・・というのはもう有名な話か。

かつてはにちりんが主役を張ってた日豊本線も、今や主役はソニックへ・・・。まぁ私はソニック好きですけどね。

 

車両解説に戻る

"旅始駅〜鉄道旅行のターミナル〜"was written by 209-0