×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キハ52系

"kiha52 system"belong to East Japan Railway Company

DATA

山田線 宮古駅にて
哀愁が漂う車両だ。

所有会社 JR東日本
デビュー 1958年
走行路線
(臨時は除く)
大糸・山田・岩泉・花輪・米坂線
最高速度 不明
制御 2個エンジン
シート クロスシート(一部ロング)
車種 一般型気動車
ドア 片開き2ドア
私の好感度 ★★★☆☆


山田線 区界駅にて 
全国でもかなり珍しくなった。


キハ52系の車内
斜線部に座ればちゃんと前面展望が利く。

コメント

この車両は、名前こそ「キハ52系」というものの、実質的には「キハ20系」のグループに入るそうで、今回はそれも含めて解説したいと思います。

もともと一般用気動車はキハ10系というものがありました。
キハ10系は動力が非力なため、動力が少なくて済むように車体断面が小さくしてありました。しかしそれは居住性が大きく損なわれるものでした。

そこで、車体を軽量にしたうえでの電車・客車並みの大型車としてまず準急用気動車キハ55系が作られ、そのキハ55系に準じた設計で作られたのがキハ20系でした。

ドア位置はそれまでの列車より中央寄りに設置されラッシュに対応させ、座席も準急並みのゆとりがあるというものでした。

そして、そのキハ20系を勾配区間用としてエンジンを2個搭載した仕様がこのキハ52系なのです。

For slope tipe□□■□■ kiha52

キハ20系とキハ52系の違いは、先述のように勾配区間用とした仕様の違いです。
キハ52系ではエンジンが2つ搭載され、動力がアップしています。さらに現在キハ20系のグループで唯一残っている100番台ではエンジンブレーキも搭載されています。

JR東日本に残っているグループはエンジンを全部取り替えられ、内装更新工事もうけています。

Yamada line□□Iwaizumi line

さて、内装の話をしましょう。

この車両はもともと準急型を元に設計された車両で、座席も準急並のゆとりがあります。デッキもあります。

さらに注目すべきなのは「展望席」があることでしょう。
横の図を見てもらえば分かりますが、斜線部のように運転席に向かって座席が作られています。
現代では京浜急行の快特向けの車両などに同じものがついていますが、国鉄=JRの普通列車についているのは珍しいのではないかと思います。
しかも、国鉄の車両は運転席後方の窓が小さいことが多いのですが、この車両はその運転席後方の窓も小さくはないのでちゃんと展望ができるのです。

ただ、この展望席は両運転台のうちの片方のみとなります。もう片方ではこのスペースにトイレが設置されているので展望できません。

KokutetsuObserbation seat

かつては全国を走っていたキハ20系統ですが、今ではJR東日本の一部で残るのみとなりました。
この原因は急行激減によって捻出された急行型キハ58系が普通運用についたこと、さらにキハ40系統や新型のキハ110系などの普及などが上げられるでしょう。

しかしキハ20系統はローカル線の景色に溶け込みやすく、その哀愁ある姿は時代錯誤な写真が撮れて結構人気があるようです。

 

 

 

 

車両解説に戻る

"旅始駅〜鉄道旅行のターミナル〜"was written by 209-0