×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

0601S 帰省物語’06 正月編 その1

[旅行記のページへ][日程表はこちら]

年越しは埼玉の自宅で過ごしたものの、やっぱり正月は田舎に行きたいと思い、新年早々18きっぷで旅立ちました。
今回は初めてフェリーを使い、本格的に四国の鉄道に乗ることが出来ました。
ちなみに、途中で行き先が下関に変わっていて、やっぱり”九州帰省”とはなりませんでした。

最初に断っておきますが、今回の写真はブレててもかまわず掲載しています。
また、今回はページが多くなった関係で、2ページ目より試験的にフレームを採用しています。なにかあったら管理人にご報告ください。


06’1’3(火)

P1030001.JPG - 20,131BYTES
早朝の大宮にて

Prologue.Predawn star
No Listened 

朝5:00といえば、まだ日がでる前でまだ暗い。前に山岳部で山に登ったときの、テントから見た満天の星には及ばないものの、多くの星が輝いていた。
今の気温は-3℃。アスファルトはシャリシャリと音を立てた。

途中でコンビニにより、少し時間を食ってしまった。小走りで蓮田駅のホームに着くと、ちょうど始発列車が到着するところだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

P1030002.JPG - 117,460BYTES
東海道のハイライト 小田原〜熱海にて

1.Sleep for two hours
蓮田→(東北本線)→大宮→(湘南新宿ライン)→小田原
No Listened 

今回は正月帰省。始発に乗って九州にいきます。
始発はE231系。相変わらず、固いけど乗り心地がいい席です。

でも、何か様子がおかしい。大宮の1つ手前の土呂に着くなり、抑止がかかったみたいです。
どうやら大宮で信号トラブルがあった様子。始発からいきなり見合わせですか。何のために始発に乗ったんだか。

しかし5分ほどで再開。どうやら心配はないようです。
今回は、名古屋までは05年8月の京都旅行と全く同じ行程。というわけで大宮から湘新ラインで小田原へ。割と乗客が多いです。

ところで覚えてる方は少ない(いない?)だろうけど、京都の時は前日睡眠3時間という過酷な状況でした。それで今回は、さらにレベルアップして前日2時間となっています。バカにもほどがありますね。はい。

つーわけで、前と行程が同じことだし、寝かせていただきます。Zz…。

赤羽のアナウンス、最初はフツーだったのに最後のドア閉めの所だけ気合い入ってたなぁ…THE next station is いけふくろう…♪〜(新宿の発メロ)…Zzz…

途中、寝たり起きたりを繰り返し、小田原に到着。改札外のコンビニで買い物をしてから、熱海行きへ乗り継ぎ。車内は前より好いています。
熱海からは前と同じく、東海道線のこの区間では珍しい?115系。

さらに島田で乗り換え。211系の中京版である5000番。例によってロングシートですが、その特色をわざわざ生かしてくれるような、ラッシュ級の混雑が待っていました。こんなに混むなんて聞いてないよ。結局、40分間ずっと立ちっぱなしの移動でした。

浜松からさらに豊橋へ。ここもやっぱり途中まで立っていました。

豊橋からは313系の快速。乗り心地の良さについうとうとし、下車駅の2つ前の熱田までぐっすり眠っていました。

 


次は その2 にとまります。

[フレーム復活]

"旅始駅〜鉄道旅行のターミナル〜"was written by 209-0