×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運用状況
区間 種別 車両

全線

普通 107系、115系
〜新前橋 普通(高崎線直通) 211系、E231系

歴史

この路線は明治22年12月26日と、割と早い段階で前橋小山が開通。最初は両毛鉄道といいました。伊勢崎、桐生、足利といった織物関係の都市がおおかったので、当時から重要路線だったのでしょうか。

 

運用状況

運転間隔は小山側、高崎側とも主に1時間に2本運転されており、うち1本は全線を直通しています。乗りとおすと1時間40分ほどかかります。
個人的にはこの線に快速を走らせれば・・・なんて思ったのですが、待避設備がないから無理ですね。それにここは景色がいいのでのんびり走ってても結構です。

 

コメント

この路線は東北本線等の小山〜高崎線等の高崎までを走っている、関東地方の外環のような役目を担っている路線の一つです。

沿線にはラーメンや焼きそばなどの麺類の産地が多いので、別名「麺街道(で良かったっけ)」と呼ばれています。たまにテレビでもやってたりします。

県庁所在地前橋の街中を走ったり、北関東ののどかな風景の中を走ったりと、さまざまな景色が見られたります。


路線案内に戻る

"旅始駅〜鉄道旅行のターミナル〜"was written by 209-0