×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

>0505T Let's Go Now! あいち

2005年何かと話題の愛・地球博こと愛知万博ですが、ゴールデンウィークが終わった次の週に、とうとう私はその現場に足を踏み入れることが出来ました。というわけで、今回はその体験記を書きたいと思います。
完結!

[特集へ] [旅行記のページへ]

日程表はこちら

この臨時列車[0505T]は
1日目の [往路編] [会場編その1] [宿編]  と、2日目の [会場編その2] [復路]
に停車いたします。

05’5/13(金)

prologue.前日
蓮田→(湘南新宿ライン)→新宿→(地下鉄&徒歩)→祖父母宅

万博へ行く前日。ですが、実は校外学習で横浜へ行ってました。16時ごろに埼玉の家に帰り、急いで支度をしました。ですが、あとで分かるのですが、大した支度は必要ありませんでした。

で、何処へ行ったかといえば、東京の祖父母の家。明日の新幹線が朝早すぎて宇都宮線じゃ間に合わないので、前日からこの祖父母の家におじゃまするわけです。あ、今日の万博はこの祖父母につれてってもらうという事になってるんで。

05’5/14(


某地下鉄駅


ひかり 岡山行き

1.Let's go なごや!
祖父母宅→(地下鉄&徒歩)→新宿→(中央線)→東京→(東海道新幹線)→名古屋

201系って自動放送は無いんですよね。

という訳でまずは東京へ。新宿から乗った中央線は早朝だったのでまだ各駅停車でした。

東京駅。ターミナルとしてそこは特別なモノがある駅です。東海道新幹線のホームに上るだけで、もう舞台に上る気分。高鳴る胸を押さえ、エスカレーターで徐々に上っていくと、すでに「ひかり岡山行き」は停まっていました。

実は今回、私がもっとも楽しみにしていたもののひとつがこれでした(!)。でも、朝が早かったので、車内で朝ごはんのカツサンドを食べたら即ZZZ・・・。起きたときには名古屋市内に入っていました。

 


エキスポシャトルの211系


万博八草駅

2.エキスポシャトル
名古屋→(エキスポシャトル)→万博八草

名古屋からは「エキスポシャトル」で万博八草まで行きます。
この「エキスポシャトル」とは、万博期間に運転される中央線〜愛知環状鉄道の直通列車です。写真とかで見てたのですが、やっぱり関東でも良く見る211系でした。ま、5000番代ということで名古屋テイストに仕上がっていましたが
(前面視界up)

「エキスポシャトル」は快速なので、スピードを上げて飛ばします。何キロ出てたかなぁ?
いつの間にか高蔵寺に着き、ここから愛知環状鉄道に乗り入れて万博八草へ行きます。愛環線内はノンストップでしたが、ところどころ運転停車していて、各駅停車と変わらない走りをしていましたが、それでも客扱いが無いところはいかにも万博に特化した列車という感じですね。

 

 


帰りに撮影


区間160円

3.Linimoは区間160円
万博八草→(Linimo)→万博会場

万博八草で降り、今度はLinimoで移動します。このLinimoも今回注目を浴びています。というのも、実は日本初の営業用浮上式リニアモーターカーなのです。といっても、500km/hも出すリニアとはまた違う方式で、スピードは出ませんが乗り心地は抜群です。
今回はたった3分の移動ですが、新しい交通機関をたっぷりと満喫します。

Linimoはとても人気があり、ホームまで長蛇の列が出来ました。まるで会場内のパビリオンのような印象を受けましたが、回転は恐ろしく速かったです。

 


次は 会場編その1 にとまります。

1日目・・・[往路編] [会場編その1] [宿編]

2日目・・・[会場編その2] [復路編]

"旅始駅〜鉄道旅行のターミナル〜"was written by 209-0