×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

0510E 秋の西東北旅行

[旅行記のページへ]

今回の秋の旅行は、西東北および新潟近辺が中心となっています。乗りつぶしが主で、観光は計画しませんでしたが、ある理由で弥彦神社にも足を運んでいます。実は去年の秋の旅行と同じ日でした。

日程表はこちら

今回の旅列車[0510E]は
1日目の [その1] [その2] [その3] [その4] と、2日目の [その5] [その6] [その7]
に停車いたします。

05’10’22(

PA220019.JPG - 118,273BYTES
185系「水上」 大宮にて

.Goes to the Minakami by 185  serise "Minakami"
蓮田→(東北本線)→大宮→(特急「水上」)→水上
Listened to 「倉木麻衣

朝の埼玉は曇り空。今回の旅は下り坂の天気の中の行程となる予感がします。

家を出るのがおくれ、予定の列車を一本逃してしまいました。これに乗らないと大宮で特急「水上」に乗れない・・・いきなり憂鬱な気分でのスタートです。
まだ大宮での”0分”乗り継ぎの可能性があるので、後続の列車に心して乗車。

起きたら大宮直前で(寝てたんかい!)、列車は早めに到着した感じ。わずかながら可能性は広がります。ホームに下りて8番線ホームを見ると、「水上」は・・・まだ到着していない!
小走りで階段を上り、8番線ホームに降りて上野方を見てみると、「水上」はちょうどホームに入ろうかというところでした。

朝一番の「水上1号」は14両での運転。新前橋まで「草津1号」と連結して走ります。さすがに長いですね。

乗り込んでみると、自由席はまずまずの乗車率。窓側は喫煙席しか空いていませんでした。なるほど、14両も連結されるわけだ。

客層はいろいろ。ビジネス客もいますし、旅行姿の若者も見られます。一番多いのは中年の登山客でした。早朝ですしね。私も山岳部なんで、お気持ち分ります。

さて、「水上」。185系です。気まぐれで興味を持ったというか、毎日のように見てるからある種の憧れを感じてたので、今回無理をして選んでみました。
元”新特急”のちょっと粗悪な特急というレッテルを貼られてるとはいえ、そこはやっぱり特急ですから、いつも高崎線の普通列車に乗っているのとはちょっと違う気分です。

しかし、このロコツなモーター音も久しぶりだなぁ。115系を髣髴させます。

車内検札のときに土日きっぷを見せましたが、なぜか緊張。まだ指定席とか取ってないから、買ったままの状態に近いです。

あっというまに高崎に到着。ついで新前橋に到着です。ここで「草津1号」と別れ、7両と身軽になって上越線に挑みます。

谷間の上越線とはいっても、渋川までは高崎線とさして変わらない車窓です。この区間は普通列車に乗っても乗車率高いんですよね。渋川まではSuicaが使えるみたいです。
その渋川では登山客が下車し始めました。

渋川からは一転して登板路線になります。車両のほうも結構キバって走ってるようですが、それにしても勾配が厳しそう。山の上はキリがかかってるようでした。

水上町にはいると、沿っていた川も渓流っぽくなり、川沿いにはホテルが立ち並ぶ温泉街も出現しました。
そして、「鉄道唱歌」が流れ、水上到着案内があると、列車は速度を落とし水上に到着しました。

大宮から水上まで1本の列車で来たのかぁ。

PA220023.JPG - 118,565BYTES
上越線にて

PA220025.JPG - 146,503BYTES
水上まで直通 水上にて


次は その2 にとまります。

1日目・・・[その1] [その2] [その3] [その4]

2日目・・・[その5] [その6] [その7]

"旅始駅〜鉄道旅行のターミナル〜"was written by 209-0